PDF出力の方法

novel-writerを用いると、CSS組版ソフトウェアVivliostyleで縦書きのPDFを出力できます。

VivliostyleはVS Codeのターミナルで以下のコマンドを入力することでインストールできます。

npm install -g @vivliostyle/cli

エディターでテキストファイルを開いた状態でコマンドパレットからNovel: PDF出力を選ぶと、縦書きプレビューの書式でPDFを作成します。

VivliostyleはGoogleのWebブラウザーChromeの開発版である「Chromium」で縦書きレイアウトを作ります。初回起動のときは最新版のChromiumをダウンロードするために、少々時間がかかります。

しばらく待つとChromiumが起動し、A5用紙に縦書きレイアウトされた原稿が表示されます。

1行の文字数が少ない場合などには、段組で表示を行います

文字組みの様式は縦書きプレビューで設定する字数行数になりますが、日本語の表示機能がVS CodeのプレビューとVivliostyleでは異なるため、レイアウトは微妙に異なります。

VivliostyleのChromiumを開いたまま、原稿や行あたりの文字数やページあたりの行数を変更してPDF生成を行うと、レイアウトの変更はすぐに反映できます。

PDFを保存するときは、Vivliostyleの印刷ダイアログを出し、送信先で「PDFに保存」を選びます。詳細設定の用紙サイズをA5に設定して保存すると、縦書きのPDFファイルを保存できます。

見開き印刷したい時は、Acrobat Readerのファイルメニュー→プロパティー…→詳細設定の読み上げオプションで綴じ方向を「右」にして印刷してください。

Mac OSやiPad、iPhoneなら、印刷ダイアログのレイアウトを選び、ページ数を「2」に、レイアウト方向を右から左に設定することで、見開きの印刷が可能になります。

novel-writerのPDF出力は、著者自身の推敲や、テキストファイルで納品する原稿に添付する棒組み原稿を想定して開発しています。冊子を作る場合には、PDF出力時に保存するpublish.htmlに手を入れて、Vivliostyleで調整していくことをお勧めいたします。

コメントを残す